内モンゴルとの絆

 
「腸」や「脳」「乳酸菌」
 
「腸」や「脳」「乳酸菌」
最近、テレビを見ていると、俳優の方が「いま、『腸活』にはまっています」とコメントしたり、「乳酸菌で記憶力の維持をサポート」という乳酸菌製品のコマーシャルが流れていたり、「腸」や「脳」「乳酸菌」というキーワードをよく耳にするようになりました。
NS乳酸菌や金鋒博士と接している私たちにとっては、新鮮に聞こえるというよりも、むしろ、ようやっと世の中が金鋒博士に追いついてきたなと感じるでしょう。
金鋒博士とはじめてお会いした10年ぐらい前、「乳酸菌が健康によいだろう」くらいの知識はありましたが、その程度しか知らず、「腸脳」や「腸内環境」という金鋒博士の話しは、とても新鮮で刺激的でした。
それから10年。世の中に「腸」や「脳」「乳酸菌」というキーワードが広がれば広がるほど、金鋒博士の考え方の先進性を感じずにはいられません。
金鋒博士とお会いし、おつきあいするようになったのは、内モンゴルとの絆があったからこそ。 これからも人と人との絆を大切に、一歩一歩、少しずつ歩んでいきましょう。