内モンゴルとの絆

 
9つの地級市と3つの盟
 
9つの地級市と3つの盟
私たちが内モンゴルツアーで、よく、お世話になる通遼市。ここは「市」と言っても、とても大きな行政区です。
内モンゴルは、フフホト市を省都とした自治区ですが、その中には、「地級市」と言われる行政区が9つ、「盟」と言われる行政区が3つあります。
通遼市も、「地級市」のひとつで、中国の地方行政単位です。
「盟」は、もともと、遊牧民の共同体を意味するもので、中華人民共和国になっても引き継がれました。「盟」の下には「旗」という行政区があります。
中華人民共和国の行政区の呼称とモンゴル由来の行政区の呼称が混在していると、私たち日本人には、なかなかわかりづらいのですが、「9つの地級市と3つの盟」と覚えておけばいいかもしれません。
ちなみに「9つの地級市」は、通遼市のほかにフフホト市、赤峰市、フルンボイル市などがあり、「3つの盟」は、アルシャー盟、シリンゴル盟、ヒンガン盟があります。