内モンゴルとの絆

 
羊肉の塩ゆでが食べられませんでした
 
羊肉の塩ゆでが食べられませんでした
モンゴルの料理というと思い出すのが羊肉です。20年前に行ったときには、この羊の料理がどうにも口に合わず苦労したのを覚えています。
そのころよく出されていたのが、羊肉の塩ゆでです。骨付きの羊肉のかたまりを大きな鍋でゆで、シンプルな塩味でいただきます。慣れればおいしくいただけるのでしょうけれども、羊肉の独特のにおいにどうしてもなじめませんでした。子供のころからこの料理をいただいていたモンゴルの人たちにとっては、きっと、懐かしい思い出の味なのでしょう。
最近は、内モンゴルでも食環境が多様化し、数年前に行ったときには、現地の方に、モンゴル料理を現在風にアレンジして提供するレストランに連れていっていただきました。
現地の方は、「ここの料理は、本来のモンゴル料理ではありません。それでも評判がいいのでお連れしました」と言っていましたが、香辛料をきかせ、くさみを消した羊肉の炭焼きは、とてもおいしく、安心していただけました。
時代とともに人々の味覚も変化していくのかもしれません。