内モンゴルとの絆

 
人と人がつながり、商品を紹介する
 
人と人がつながり、商品を紹介する
私たちが扱っている商品を、どのような人が、どのように、どういうところで作っているのか。ほとんどの現場に足を運びました。
そして、作っている人と話しをし、お互いを理解し合い、これならばと思った商品を紹介してきました。
たとえそれが海外だったとしても、可能な限り現地に行く。その思いから内モンゴルにも行きました。
いまでも商品を見ると、作っている方々の顔が思い浮かびます。
そういう方々に、また、新しい方を紹介していただき、ジェルメロードの輪が広がっていったのです。
金鋒博士もそのひとり。私たちがはじめて金鋒博士とお会いしたころは、まだ、「腸内環境」という言葉は耳慣れない言葉でした。それでも、金鋒博士の人がらに接し、金鋒博士にも私たちのことをわかっていただき、「NS乳酸菌」を紹介することになりました。
私たちは、何より、人と人とのつながり、絆を大切にしています。