アルタイの乳酸菌Q&A

 
ビフィズス菌は、酸素があるところでは死んでしてしまうと聞きました。乳酸菌も、酸素があるところでは死んでしまうのですか?
 

ビフィズス菌は、酸素があるところでは死んでしてしまうと聞きました。乳酸菌も、酸素があるところでは死んでしまうのですか?


ビフィズス菌は、偏性嫌気性菌といって、通常の酸素濃度で死滅してしまう菌のため、おもに酸素のない大腸に生息する菌です。
乳酸菌は、通性嫌気性菌といって、酸素の有無にかかわらず生きられる菌のため、口腔内、食道、小腸、大腸などさまざまな場所に生息し、はたらいています。
さらにNS乳酸菌は、ほかの乳酸菌と比べても胃酸に対する抵抗性があるため、胃の中でも生き抜くことができるのです。