内モンゴルとの絆

 
植林地を見守ってくれる、バガナさん
 
植林地を見守ってくれる、バガナさん
ダラス村、現地で植林の監督的な役割をしていただいている方がバガナさんです。もとは政府の役人として森林関係の仕事をしたそうです。リタイアし、いまは、私たちの植林地のアドバイザとして、現地の方々が木を植えたり、木の世話をする際、的確なアドバイスをし、植林しているご家族からの信頼も厚く、また、プロデューサーであるセルゲレンさんの現地パートナーとして活躍していただいています。
いつも視察に行く際には同行していただいているのですが、とても寡黙な方で、また、ことばの壁もあって、話しをする機会もなかなかないのですが、つねにいらっしゃる心強いパートナーのひとりです。
私たちの支援活動には、バガナさんはじめ、現地の方にお手伝いしていただいているのも特長のひとつです。